うつ病と腸内環境の関係

うつ病と腸内環境の関係

スポンサーリンク

うつ病と腸内環境の関係

うつ病の人は一般に、腸内環境が良くない人が多く、ビフイズス菌の数も少ないのだそうだ。規則正しい食生活を送ることで、腸内環境を良くするとうつ病が改善されるというのだ。

 

うつ病と腸内環境の関連性については最近注目されていて、海外でもその研究結果が発表されているという。

 

強度のうつ病を克服した人の、その克服法がテレビで紹介されていたが、まさに食習慣が病気の良し悪しを左右していたのだ。

 

 

過食をすることで下痢を起こすなど腸内環境がわるくなり、その結果イライラ感や不安感が現れるのだそうだ。

 

腸内環境を整える食事を規則正しく摂取することで、精神的に落ち着きそのせいで良眠も取れるという。

その繰り返しを続けることでうつ病が改善されたことを、テレビで実証していた。

 

自分に合った薬の内服と同時に、間食を無くし発酵食品を多く摂取し、腸内には善玉菌を多くする事を併用すると良いなだそうだ。

 

そのことがうつ病を改善させる方法だとは思いもつかなかった。

 

腸内環境を整えることが、癌などいろいろな疾患の改善に有効であることは最近知られているところだ。しかし精神疾患にまで影響を与えているとは知らなかった。

 

睡眠障害の人には、ぜひ試してみる価値がありそうな情報だ。

 

夫が試験外泊の時に、病院生活のうっ憤を晴らすように過食をして下痢をしたことを思い出す。その結果、不眠になってしまった。

無知という事は症状の改善を遅れさせることにもなるのだと反省した。

タイトルとURLをコピーしました