糖尿病の看護診断・知識不足

糖尿病の看護診断・知識不足

スポンサーリンク

看護診断:病気、血糖値のモニター、一般的治療に関連した知識不足

看護目標

患者と介護者に糖尿病についてその治療と合併症も含めて教育し、血統モニターのいろいろな方法について指導する

徴候と症状

新しく診断された糖尿病。糖尿病や血糖値のモニタについての知識の欠如

看護介入

① 視覚、聴覚、認識などの障害、低下した読み書き能力などの学習に対する障壁を確認する

② それぞれの講習は10分間が限界である

③ 食事療法、運動療法、投薬について指導を示すか繰り返すように患者に助言する

④ 積極的な態度を促進し、設定した目的に患者と家族が活発に関与するように勧める

⑤ 血糖値の自己モニタリングの利点と方法について患者と家族に教育する。患者の指先に針で穴をあけるように指導し、毎回違った指を使い、血液の一滴を化学的に処理されたテステープにつけ、それを血糖測定機に差し込む

⑥ 血糖値の自己モニタリングをできないか嫌な患者には、尿の検査をテステープでするように教える。1回は就寝30分前に、もう一回は食前30分以内に検査する

⑦ 患者と家族に経口糖尿病薬の使い方を指導する

⑧ 患者と家族にストレスを避けることの重要性について説明する

⑨ 患者に上腕部、腹部、大腿部と注射部位を変えながらインスリンを注射するように指導する。肥満の患者には18Gの長針を使用し皮膚をつまんで90度の角度で針を刺すように指導する。痩せた患者には短針を使用し、皮膚をつまんで45度の角度に針を刺すよう指導する

⑩ 家庭での経過観察が必要かどうか評価する

⑪ 患者を指導するときには栄養士、専門の看護師、視聴覚教育資料、印刷物教育資料などの利用可能な教材を使う

⑫ 患者と患者の家族に低血糖について、その原因、症状、治療法、予防法を教育する。即効性の炭水化物を始終持ち歩くことの重要性を強調する

 

 

理論的根拠

① このような障壁を認識することは、看護師が効果的な教育方針を展開するのに役立つ。効果的方法には家族や隣人に教育講習会に一緒に参加してもらうこと、大きく印刷された説明書を使うこと、拡大鏡を供給することなどがある

② こうすることで情報の過大な負荷を妨げる

③ こうすることで患者が指導者を理解していることを確認する

④ 参加し共通の目標を設定することは、指導を理解し守らせることを促進する

⑤ 血糖値を自己モニタリングすることで、血糖値が治療に対してどの程度反応しているかを患者自身がじかに知ることができ、また食事療法や運動プログラムを守るための直接の動機ともなる

⑥ 尿糖検査は得られる情報が限られているが、大変簡単に行うことができかつ有用である。高齢者は血糖に対する閾値が高いので、尿糖を認める前に故血糖になる傾向がある

⑦ 経口糖尿病薬は膵臓のβ細胞を刺激してインスリンを分泌させ、細胞のインスリンに対する受容性を増加させる

⑧ ストレスの多い状態によってグルコースが貯蔵場所から放出され、血糖値を上げることになる

⑨ 一般的に高齢者は脂肪細胞の量が少ないので、注射の位置を変えることで組織の損傷を防ぐことができる。皮膚をつまむことで皮下組織の下の筋肉と皮下組織とを話し皮下組織に注射をできるようになる

⑩ この評価によって、患者に適切な自己ケアの能力があるかを決定する

⑪ これらの教材は学習を強化させる

⑫ 指導によって低血糖の頻度を減少させることができる

患者目標

・ 家族とともに糖尿病、処方内容、合併症について理解したと述べることができる

・ 糖尿病に関連する勤めを効果的に行うことができる

 

参考資料:看護診断に基づく高齢者看護ケアプラン

タイトルとURLをコピーしました