一過性脳虚血発作(TIA) の看護診断・組織循環の変調:脳

一過性脳虚血発作(TIA) の看護診断・組織循環の変調:脳

スポンサーリンク

看護診断:脳虚血に関連した組織循環の変調:脳

看護目標

TIA発作急性期の患者を援助し、処置や治療に対する患者の理解と協力を得られるようにする

徴候と症状

筋肉調整脳の喪失、感覚障害、意思疎通障害、視力障害、平衡失調、理解力の欠如、人格変化、錯乱

看護介入

① 患者の話すTIA発作の徴候と症状を評価する。症状に関して直接患者に質問する

② もしTIA発作の時に居合わせたら徴候と症状を観察し、看護記録にそれらを記載する

③ もし可能なら発作の間は患者のわきにとどまり、またバイタルサインと症状を観察しながら静かにそばにいてあげる

④ TIA発作のすべてをすぐに医師に報告する

⑤ 医師の指示に基づく投薬する

⑥ すべての検査及び処置を患者と家族に説明する

⑦ TIA発作の症状や発作の回数について、報告するように家族と介護者に指導する

⑧ 頭や首の位置によっておこる発作を防ぐ方法を患者に指導する。首をぎゅっと伸ばしたり、横に回したりしないように、また柔らかい立ち襟を使うように指導する

⑨ TIAの外科的治療を受ける高齢患者に対して術前の教育と介護を準備する

 

 

理論的根拠

① 検査をする前に症状が消失するようなときには、正確な病歴聴取が診断に必須である

② 観察された病状の変化についての正確な記載は診断に役立つ。また患者の抱えている問題点を他の人に伝えることができる

③ 脳卒中や恒久的障害を起こすのではないかといった恐れのため、高齢患者はTIA発作を起こしたとき怖がる可能性がある

④ 家庭であるいは長期療養生活の過程で起こった、最初のTIA発作はその症状をきちっと診断するために入院が必要である

⑤ 脳卒中発作を抑えるための薬物治療にはアスピリンやジピリダモルなどのような抗血小板薬も含まれる

⑥ 教育は協調性を高めストレスを減らすのに役立つ

⑦ 高齢者患者は症状を年齢のせいにしたり、家族や介護者に症状を言わない可能性がある

⑧ 変形性関節症による頸椎の変化によって起こった機械的圧迫が、頭骨脳底動脈症候群を引き起こすことがある)

⑨ 外科的治療として一般的に行われる頸動脈内膜切除術は、脳卒中を予防しTIAの原因となる血栓を抑えるのに役立つ

患者目標

・ 介護者とともに、TIAの治療を理解することができる

・ TIAを誘発する動作を避けることができる

・ 介護者とともに、TIAの徴候と症状を認識し、それらをすぐに報告することができる

 

 

参考資料:看護診断に基づく高齢者看護ケアプラン

看護診断
スポンサーリンク
シェアする
退職後の看護師の生活|夫の闘病や看護計画
タイトルとURLをコピーしました