天疱瘡患者の看護計画

スポンサーリンク

天疱瘡患者の看護計画

#1難治性のびらんがあり疼痛を伴う

看護診断 皮膚統合性障害

関連因子:機械的刺激、ニコルスキー現象

診断指標:皮膚表面の破たん

 

看護目標

長期:びらんの二次感染を防ぎ症状が軽快する

短期:皮膚の安静と清潔を保つことができる

 

OP

・水泡形成の部位と程度

・びらんの部位と程度

・疼痛の有無

・掻痒感の有無

・浸出液の有無と程度

TP

・軟膏を伸ばすとき、こすらずガーゼ上で伸ばしてから貼付する

・皮膚にテープを張らず包帯で保護する

・血圧計のマンシェットは直接皮膚に使用しない

・更衣時に衣類の摩擦を避ける

・入浴シャワー浴を毎日行い清潔を保つ

EP

・清潔ケアの指導

・軟膏処置の指導

・摩擦や打撲を避ける

・保清時にタオルでこすらない

・皮膚に直接テープを張らないように指導する

#2口腔粘膜の水疱、びらん形成により食事摂取が困難である

看護診断 栄養摂取消費バランス異常:必要量以下

関連因子:食物の摂取ができいない

診断指標:食物の不足、理想体重より20%以上少ない体重

 

看護目標

長期:経口摂取ができるようになる

短期:栄養状態が改善できる

 

OP

・口腔口唇の水疱形成

・口腔口唇のびらん形成

・疼痛の有無

・食事摂取量

・排泄状態

・栄養状態

TP

・口腔内の清潔保持のためうがいを促す

EP

・食事は熱いもの冷たいもの刺激物辛い物を避けるよう指導する

・良質のたんぱく質を摂取するよう指導する

 

 

#3内服薬投与による副作用症状の出現がみられる

看護診断 非効果的抵抗力

関連因子:薬物治療

診断指標:免疫能の低下、掻痒感

 

看護目標

長期:副作用を最小限にとどめ治療の継続ができる

短期:副作用症状を早期に発見し適切な処置を受けることができる

 

OP

・感染徴候

・発熱、炎症反応

・消火器症状

・吐血下血

・貧血

・精神症状

TP

・医師の指示のもと的確に投与量・方法を遵守する

EP

・感染予防に関する指導

・服薬管理指導

・症状出現時の対応方法の指導

 

スポンサーリンク

#4長期にわたり寛解と再燃を繰り返すことによる不安がある

看護診断 不安

関連因子:健康状態の変化

診断指標:イライラ、不眠、緊張した表情

 

看護目標

長期:不安が軽減され治療を継続することができる

短期:疾患や治療を理解し日常生活を送ることができる

 

OP

・疾患や治療に対する理解

・社会生活上の支障の有無

・患者家族の心理的な状態

TP

・訴えを傾聴し共感的態度で接する

・説明を十分に行う

EP

・疾患や治療方法に関して患者家族へわかりやすく説明する

・社会資源などの情報を提供する

 

 

参考資料:疾患別看護過程

タイトルとURLをコピーしました