疾病の理解・帯状疱疹と接触性皮膚炎

疾病の理解・帯状疱疹と接触性皮膚炎

スポンサーリンク

病疾の理解・帯状疱疹

定義

水痘(みずぼうそう)にかかるとウイルスは一生体の中に隠れている。このウイルスが再び活動した際に帯状疱疹として発症する

疲労や加齢、がんなどの疾患で抵抗力が下がると発症しやすい

診断

血液検査でウイルスに感染したことが確認できる

症状

・ はじめは神経痛に似たピリピリ、チクチクとした電気が走るような痛みが生じる。数日後に体の片側の一部分に集中して丘疹、水疱、紅斑を生じ1~2週間続く

・ その後かさぶたができ1か月程度で治癒する。頭部や顔面に生じ、めまいや吐き気、難聴などがある場合はすぐに医師の診察が必要である

・ 皮膚の症状が落ち着いた後も長期間痛みが続く場合、帯状疱疹後神経痛と呼ぶ

・ 腎部に生じると神経障害により尿や便が出にくくなる場合がある

治療

・ 抗ウイルス剤の内服か点滴。発症から数日以内しか抗ウイルス剤が十分に働かないので、早期発見

・ 早期治療が重要である

・ 痛みに対しては鎮痛剤や抗うつ剤を用いる。ペインクリニックでのレーザー治療が有効な場合もある

・ 皮膚の表面に対しては通常の傷に対する治療を行う。ラップ療法も有効である。範囲が広い、痛みが強い、合併症がある場合などは入院が必要である




ケア上のポイント

・ 治療薬は早期にしか効かず、神経痛などの後遺症が残る場合もあるため、早期発見が重要である。

・ 体の片側だけに生じる痛みのある皮膚病変に気づいた場合は、帯状疱疹の可能性を思い浮かべ、医師や看護師と情報共有することが最も重要である

・ 痛みは神経痛であり、冷やすと痛みが増すため保温する。軽く触れただけでも強い痛みがあるため、着衣や体へのふれ方に注意する

・ 体力が低下した際に発症しやすいので、栄養状態や全身状態、その他の合併症の存在に注意する。一般に他者に感染する可能性は低い

 

 

疾病の理解・接触性皮膚炎

定義

皮膚に対する刺激やアレルギー反応により生じる。食物、石鹸や入浴剤、保湿剤、外用薬やシップ、植物、時計の番だや装身具といった金属など、あらゆる物質が原因となる

汗、涙、唾液、尿、便など患者自身の体から出るものも原因となる

診断

発症時期、場所、患者の日常生活を確認し、かぶれの原因を特定することが重要である

症状

・ 湿布:湿布を当てた部分に一致して長方形に病変が生じる

・ おむつ:おむつを当てている部分に病変が生じる。特に排せつ物が触れている部分や、汗がたまりやすい部分などに生じやすい

・ 野菜、果物、卵、魚など:口の周りが赤くなる。汁を拭った手が赤くなる

・ シャンプー、石鹸:頭部や顔面に病変が生じる。頭部から肩にかけて液体が流れたような、形になることもある

・ 化粧品、クリーム:唇や頬、手足など、使用した部分に病変が生じる

・ 塗り薬:かゆみ止めや抗真菌剤などでかぶれる場合がある。薬を塗った部分に一致して生じる皮膚病変や、塗り薬を使っているのにいつまでも皮膚症状が治らない場合に注意が必要である

・ 点眼薬、涙:点眼薬に含まれる防腐剤や涙の成分が刺激になり、目の周り、眼尻などに生じる

・ 時計バンド、装身具、眼鏡:金属や革が触れている部分に病変が生じる。メッキがはがれた装身具などは特に注意が必要である

治療

ステロイド外用薬、症状が強い場合は抗アレルギー剤の内服。かぶれの原因を取り除かなければ治癒しにくいため注意が必要である

ケア上のポイント

皮膚の防護機能が低下していると刺激に弱くなるため、日常的に皮膚の状態を良好に保つためのスキンケアが重要である

患者の状態や生活を注意深く観察し、かぶれの原因を取り除く必要がある

例えばおむつかぶれの場合は、かぶれの原因となる失禁を改善したり、おむつ交換の頻度を検討する

石鹸やスキンケアクリームに含まれる香料や日に気エキス、アロエエキスといった天然成分もかぶれの原因となることがあるので、注意が必要である

 

 

参考資料:高齢者ケアガイドブック

タイトルとURLをコピーしました