骨粗しょう症

看護計画

骨粗鬆症患者の看護計画

#1変形に関連した疼痛がある 看護診断 慢性疼痛 関連因子:変形や骨折 診断指標:罹患している筋群の萎縮、以前の活動を継続する能力の変調 看護目標 長期:疼痛が改善され、日常の活動を増加する OP
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました