関節可動域訓練

看護の仕事

関節可動域訓練の手順について

関節可動域訓練の手順 ・関節可動域訓練とは関節拘縮を予防し正常な関節可動域を維持するために、可動域範囲一杯に関節を動かす運動療法を言う ・関節可動域訓練には他動運動、自己他動運動、自動運動がある ・自己他動運動(自動介助運動):自分の力だけでは十分に運動が行えない時、自分の健側肢や他者の力を得て動かす ・関節可動域の制限は治療回復後の訓練やADLに大きな影響を及ぼすのでできるだけ避けるようにする ・看護師は患者のレベルに応じた関節可動域訓練を計画指導実施する必要があるとともに、日常のケアの中でも意識的に取り入れることが大切であ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました