逆流性食道炎

看護計画

逆流性食道炎患者の看護計画

#1胸やけ、胸痛、しみる感じ、つかえ感、嚥下痛、嚥下困難による苦痛がある 看護診断 安楽障害 関連因子:消化器系の障害 診断指標:苦痛を感じる症状の訴え、疾患に関連する症状、不安、安楽でないという訴え 看護目標 長期:食道粘膜の障害による痛みや不快感が改善する 短期:痛みを緩和する方法を理解できる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました