輸血の仕方

看護の仕事

真空管採血の仕方と輸血時の血液製剤の温度について

真空管採血が推奨されているが、その落とし穴は?→感染の危険性がゼロになったわけではない。 医療従事者の針刺し事故並びにそれに伴う医療従事者の感染を回避する為に真空管採血が推奨されるようになった。 しかし真空管採血を行っても医療従事者の感染の危険性がゼロになったわけではない。そのため、手技上の留意点も含め理解しておく必要がある。 また血管が細かったり大量採血が必要な時は真空管採血では困難な場合もあり、その際はシリンジ採血を行うことが必要になる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました