輸液管理

看護の仕事

輸液管理(IVH)留置中の消毒について【ヘパリンロックは必要か?】

カテーテル挿入の観点から、中心静脈カテーテル挿入部の消毒に推奨される方法とは?→0,5%以上のクロルヘキシジンアルコールで遠心上に状に2回以上消毒する 挿入部は0,5%以上のクロルヘキシジンアルコールで消毒する。挿入部位の中心から外に向かって遠心状に広範囲に2回以上消毒する。 消毒薬の選択 クロルヘキシジンは皮膚に残留して持続的な抗菌作用を発揮する消毒薬であるが、わが国では皮膚に使用できる濃度は0,5~1%までである。 わが国では10%ポビドンヨードがいまだに繁用されている。 ポビドンヨードは広い抗微生物スペクトルを持ち、ウイルスや抗酸菌にも有効な消毒薬である反面、十分な時間が経たなければ殺菌効果が得られない。 使用にあたっては必ず消毒後2分間、又は乾燥をしていない状態では分以上待って次の処置に入る必要がある。 中心静脈カテーテル挿入の事前準備
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました