脳腫瘍

看護計画

脳腫瘍患者の看護計画

#1運動麻痺や言語障害が徐々に進行していくことによる不安がある 看護診断 不安 関連因子:健康状態に対する脅威、死に至る脅威 診断指標:苦悩する、食欲不振、混乱、特定できない結果に対する恐怖 看護目標 長期:疾患と症状を受け入れ、不安なく日常生活を送ることができる 短期:1)疾患に対する不安を言語化できる 2)障害を受け入れ前向きな気持ちになる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました