胸腔ドレーン

看護の仕事

胸腔ドレーン管理の方法について

ドレーンが入っているか抜けているか、どうやって判断するのですか?→X線写真で先端の位置を確認する 胸腔ドレーン挿入位置はX線写真にて、目的の位置に先端が位置されているか、前回のX線写真と位置のずれがないか確認する。 また固定部位のマーキングにずれや、突然の水封部の呼吸性移動の消失、突然のエアリークの出現はドレーンの逸脱が疑わしい ドレーンの留置部位 胸腔ドレーンは挿入目的によってドレーン留置部位は異なる。 挿入目的が脱気の場合挿入部位は第2から3助間の前胸部鎖骨中線上っあり、ドレーン先端位置は肺尖部、前胸部側である。 挿入目的が排液の場合、挿入部位は第5から6助間の中えきか線上であり、ドレーン先端位置は肺底部、背側である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました