胆のう炎

看護計画

胆嚢炎・胆石症患者の看護計画

#1胆のう管の収縮、胆道の炎症、手術による組織損傷に伴う痛みがある 看護診断 急性疼痛 関連因子:胆石・胆管壁の収縮や内圧の上昇、腹部切開創 診断指標:疼痛の証拠の観察、血圧・心拍数・呼吸数の変化、合図による疼痛の訴え、発汗、苦悶様願望 看護目標 長期:痛みが軽減し、痛みを予防するための方法を習得する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました