胃がん

看護計画

胃がん患者の看護計画

#1適切な食事摂取が行えないことにより低栄養を起こす危険性がある 看護診断 栄養摂取消費バランス異常:必要量以下 関連因子:消化機能変更による食欲不振、消化吸収障害、食事摂取方法変更に伴うダンピング症候群 診断指標:1日推奨食物接種量より少ない不十分な食物摂取の訴え、理想体重より20%以上少ない体重、血清アルブミン値の低下 看護目標 長期:食事摂取方法の習得により適切な栄養状態が保てる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました