肝硬変

看護計画

肝硬変・門脈圧亢進症患者の看護計画

#1門脈圧亢進、膠質浸透圧低下、ナトリウム貯留に関連した腹水と浮腫が見られる 看護診断 体液量過剰 関連因子:調節機構の障害、過剰なナトリウム接種 診断指標:腹水・胸水貯留、乏尿、電解質値の変化、呼吸困難、短期間での体重増加、浮腫 看護目標 長期:腹水、浮腫が消失する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました