結核

看護診断

結核の看護診断・無効な呼吸パターン

看護診断:肺感染症による気道分泌物に関連した無効な呼吸パターン 看護目標:気道分泌物を取り除き、酸素供給を十分にし、感染症を治癒し追加治療が必要となる変化に対して用心することにより、患者の呼吸状態を最適なレベルにしておく
看護計画

結核患者の看護計画

#1痰を十分に喀出できず、無気肺など呼吸器合併症のリスクがある 看護診断 非効果的気道浄化 関連因子:分泌物の貯留、気管支内の分泌物 診断指標:呼吸困難、発声困難、咳嗽の消失、大量の喀痰、呼吸副雑音、呼吸リズムの変化 看護目標 長期:1)気道分泌物を取り除き
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました