経腸栄養

看護の仕事

経腸栄養時の注意点について

経腸栄養時はどのような体位で行うべきか?→腹部が圧迫されない安定した体位をとる 坐位ヘッドアップ90度もしくはヘッドアップ30度以上が良いとされている。ただし腹部が圧迫されない安定した体位をとることが重要となる。胃食道逆流や誤嚥を防止する為である。 腹部圧迫を避けることが重要 坐位が可能であれば坐位とする。患者の状態に合わせた車椅子を選択する。また安定したポジションをとれるよう枕などの補助具も必要であれば利用する。 人工呼吸器装着中の患者においては誤嚥予防に30度から45度のヘッドアップを推奨している。しかし褥瘡予防の為、ずれを防止する観点からヘッドアップ30度以上ではなく30度をきちんと守ることが浸透しつつある。 誤嚥予防という目的は経腸栄養を行う場合にも同じように考える。人はそれぞれ体形や胃の大きさが異なっていて、疾患によっては麻痺や身体障碍がある場合がある。 坐位かもしくはヘッドアップ30度が望ましいと言われているが、患者個々の状態によって腹部を圧迫せずに安定した体位で経腸栄養を行えるようにすることが重要である。 たとえば、硬度の肥満によって上半身を起こすと腹部を圧迫されるような場合、ヘッドの傾斜機能を利用すると腹部への影響が少なくなる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました