終末期患者

看護の仕事

終末期患者の心の声を聴くケアとは?

死を口にする患者にはどのように対応すればよい?→言葉の奥にある患者の心の声に関心を向けることが重要である 患者が死を口にする場面には、自分の死について語る場面と死にたいと希死念慮を訴える場面がある。 いずれの場合も患者のそばに寄り添い患者の声に耳を傾け死という言葉の奥にある患者の心の声を理解しようとする対応が重要な援助のカギとなる。 死を口にする患者は何を求めているのか 患者が死を口にする場面には、「私はいつまで生きることが出来るかしら」と言った自分の死について語る場面と、「もう死にたい」と希死念慮を訴える場面がある。 どちらも適切なケアを行うことが大切である。 このように死を口にする患者が何を求め、看護師はその思いにどのように対処すればよいかについて述べる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました