移送と移動

看護の仕事

ドレーン装着時の移動と移送の手順について

移動と移送の援助の手順 ドレーンなどが装着されている場合の車椅子の移送の実際 ①車イスを準備する ・車いすを患者の斜め前方、ベッドとの角度が約30~45度になるように置く ・ブレーキをかけ、動かないことを確認したらフットレストを上げておく ※フットレストを上げておくのは、車椅子移乗時に直接フットレストにかかり、重心が偏って車椅子が倒れる危険性があるからである ②患者の状態を観察し、装着しているドレーンや機器を確認する ・患者の創部・ドレーン挿入部位の確認を行う ・輸液ラインや留置カテーテルの接続・固定を確認し移送中の外れなどが内容に整える
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました