皮下注射

看護の仕事

持続皮下注射で疼痛管理をするメリットは?

内服が困難になった患者に対して持続皮下注射で疼痛管理を行う際のメリット・デメリットは?→内服困難な患者の負担がすくない。皮膚状態をこまめに観察することが大切である。 経口投与が出来ず、下痢により座薬も使用できないう絵静脈ライン確保も困難な場合な度が考えられる。 内服が困難になった患者にとって持続皮下注射は簡便で負担が少なくがん性疼痛治療において有用な投与法となる。 患者の日常生活動作に支障をきたさないよう穿刺部位を選択し、皮膚状態をこまめに観察することが大切である。 持続皮下注射とは 持続皮下注射とは、皮下組織内に薬液を少量づつ持続的に注入する薬物投与法である。 皮下に投与された薬液は皮下の毛細血管から吸収され、静脈内に移行する。 その為薬物の血中濃度を一定に保つことが出来、臨床的に静脈注射と同等の効果が得られる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました