潰瘍性大腸炎

看護計画

潰瘍性大腸炎患者の看護計画

#1頻繁な排便によって日常生活に支障をきたしている 看護診断 下痢 関連因子:炎症、薬物治療の有害な作用、高いストレスレベル 診断指標:少なくとも1日に3回の軟らかい液状の便を排出、腸音の亢進、腹痛 看護目標 長期:排便状況をとらえ、日常生活が支障無く送れるよう管理できる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました