潜在能力

看護の仕事

潜在能力を引き出すケアについて

潜在能力を引き出すケア 1できる動作を日常に活用する工夫を ベッドサイドにおいて、関節を動かしたり体位変換や剤をとり姿勢を変えることは、寝たきり予防する為の1つの手段ですが、これらの運動を行うことで完結してしまって、生活動作に結び付いていないことがありがちです。 安静の時期を過ぎたら、患者の動作を見ながら、どのくらい動けるのか、どの部分に介助が必要かという視点で援助を行い、出来るようになった動作を日常の中に取り入れることが重要です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました