浣腸の仕方

看護の仕事

浣腸を行ってはいけない症状とは?

浣腸や摘便は便が直腸まで下りてきているのに自力で出せない時に、強制的に又は人為的に排便させる方法である。便秘だからと言って安易に行うのではなく、実施するうえで注意事項や合併症などのリスクを考えてケアに当たることが大切である。 1 自然排便を促すための効果的な方法は?→座った状態でいきむことが出来るようなケアをする 自然排便とは直腸の収縮力、腹圧、重力の働きによって自然に排便することである。また便意を感じるのは自律神経が排便反射によって直腸が収縮したがっているという事である。 その為患者が便意を訴えたらすぐにトイレに誘導することが大切なポイントとなる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました