歩行補助具の使用

看護の仕事

歩行補助具使用時の移動と移送の手順について

移動と移送の援助2 2歩行補助具使用時の歩行介助の準備 看護師:手指衛生 患者:①移動の目的を伝え介助する旨を説明し同意を得る②歩行にふさわしい履物、服装になってもらう③必要時に歩行補助具を使用してはどうか説明し、同意を得てから使用する 歩行補助具使用時の歩行介助の実際 杖と歩行介助 ●杖を使用すると、腕の力で体重の一部を支える為、下肢にかかる負担を最小限にすることが出来る ●杖には1本杖、多脚杖、松葉杖があり1本杖より多脚杖の方が安定する ・上肢の力が弱く手首が不安定な場合は、T字型杖より前腕支えのあるロフストストランドクラッチが適しているが、転倒しそうな時に杖が腕から離れにくいという欠点がある。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました