歩行介助

看護の仕事

歩行介助の手順について

移動と移送の援助の手順 ・移動することによって、日常生活の行動範囲は広がり生活に活気と充実感がもたらされる。 ・歩行は移動の基本である。しかし、長期間にわたる臥床(長期臥床患者が歩行を始める場合)視力障害や麻痺などの身体障害、廊下の為の機能低下などにより一人で歩行することが危険であったり自ら移動動作が出来ない場合がある。 ・患者の状況を見極め、安全に歩行ができるのか車椅子あるいはストレッチャーを使用する必要があるのか、適切な移動の方法を選択する ・いずれの場合でも、移動移送で最も気を付けなければならないことは、患者の安全であり移動時のチューブ類の外れや、移送中の転倒・転落などの事故を防止することである。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました