椎間板ヘルニア

看護計画

椎間板ヘルニア患者の看護計画

#1 疼痛しびれによる苦痛がある 看護診断 急性疼痛 慢性疼痛 関連因子:ヘルニアによる神経根圧迫 診断指標:合図や言葉による疼痛の訴え、疼痛があることを表現する行動、苦悶様顔貌 看護目標 長期:疼痛、しびれによる苦痛が軽減する 短期:1)安静が保持できる 2)効果的に薬物療法、理学療法を受けられる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました