拘縮予防

看護の仕事

拘縮予防のためのリハビリについて

急性期から始めるベッドサイドリハビリテーションの実際 2関節拘縮の予防 拘縮予防は重要なリハビリ看護 関節拘縮とは、関節を動かさないために、組織が弾力性、柔軟性を失って硬くなり線維化して、ある角度異常動かなくなる状態を言います。 患者がベッドに寝ている段階、それもかなり早い段階でこの関節拘縮を予防することは大変重要で、リハビリ看護の目的の一つでもあります。 ベッドサイドのリハビリは入院してい臥床となったその時からスタートさせるという事が重要です。 拘縮予防の方法 ①自動運動・自動介助運動 自動・自動介助運動は関節可動域の保持だけでなく、筋力低下の予防、筋線維の短縮や萎縮の予防、血液循環の改善にもなります。 自動介助運動は、全可動域の中で筋力を補いながら動かせない範囲を介助して行う方法です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました