抗がん剤

看護の仕事

抗がん剤取り扱い時の注意点について

抗がん薬の曝露から看護師自身が身を守るためには、どのような点に注意を払えばよい?→取り扱いに注意を要する場面を把握することが大切である 抗がん薬の毒性や取り扱い基準、曝露の経路や起こす状況など抗がん薬に関する十分な知識を持った上で、取り扱い方法を遵守し取り扱いに注意を要する場面を把握することが大切です。 抗がん薬の細胞毒性としての留意点 抗がん薬の細胞毒性としての留意点は ①変異原性(遺伝子に変質を引き起こす性質) ②催奇形性(先天異常や申請時に発現し、進行する構造異常を引き起こす性質) ③発がん性(癌を発生させる性質)である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました