慢性閉そく性肺疾患

看護診断

慢性閉塞性肺疾患の看護診断・活動不耐の潜在的状態

看護診断:疲労や呼吸困難に関連した活動不耐の潜在的状態 看護目標: ①患者を披露させる要因を減らす
看護計画

慢性閉塞性肺疾患(COPD) 患者の看護計画

#1効果的な咳嗽が行えない 看護診断 非効果的気道浄化 関連因子:多すぎる粘液、分泌物の貯留 診断指標:効果のない咳嗽、大量の喀痰、呼吸副雑音、呼吸数、呼吸リズムの変化 看護目標 長期:気道の浄化ができる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました