尿路感染症

看護診断

尿路感染症の看護診断・感染の潜在的状態

看護診断:不衛生と長期のカテーテル留置に関連した感染の潜在的状態 看護目標:尿路感染症の治療と完治、尿路敗血症を予防する
看護診断

尿路感染症の看護診断・組織循環の変調:腎

看護診断:尿路敗血症と菌血症によるショックに関連した組織循環の変調:腎 看護目標:バイタルサインの安定を図り、敗血症の症状発言の間の患者をサポートする
看護計画

尿路感染症患者の看護計画

#1膀胱炎による排尿痛がある 看護診断 急性疼痛 関連因子:膀胱炎 診断指標:合図や言葉による疼痛の訴え、疼痛の証拠の観察、疼痛を避ける体位付け 看護目標 長期:患者は排尿痛が緩和したことを話す 短期:1)疼痛を緩和する方法を言える 2)疼痛の原因や処置、増強する要因を言える
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました