寝衣交換の仕方

看護の仕事

寝衣交換の手順とポイントについて

寝衣交換の手順 ・患者は発汗、分泌物、排泄物などにより汚染しやすい状況にある ・発汗量は夏では1,5ℓ/日もあると言われており、入浴などによる清潔保持にも制限があるので汚染しやすい ・意識障害のある患者や体動制限がある患者は自分で衣類を交換することができないため、看護師が適宜交換しなければならない ・ここでは、臥床状態にある患者の寝衣交換の方法について示す
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました