子宮がん

看護計画

子宮がん患者の看護計画

#1治療の後遺症により排尿障害をきたしている 看護診断 排尿障害 関連因子:手術による暴行周辺の神経・組織への機械的刺激による損傷、放射線照射による膀胱組織の繊維化 診断指標:尿意切迫、頻尿、尿閉、残尿感、排尿困難感、浮腫、尿量減少 看護目標 長期:排尿に関する環境調整や排尿時の効果的な補助方法を習得し排尿障害に順応した行動をとることができる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました