大腿骨頚部骨折

看護計画

大腿骨頚部骨折患者の看護計画

#1 疼痛により安楽が得られない 看護診断 急性疼痛 関連因子:骨折 診断指標:合図による・言葉による疼痛の訴え、睡眠障害、疼痛を避けるための体位付け 看護目標 長期:日常生活への影響がないよう疼痛を管理できる 短期:1)睡眠出来る 2)鎮痛の希望を伝えることがある
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました