多発性骨髄腫

看護計画

多発性骨髄腫患者の看護計画

#1骨破壊による疼痛がある 看護診断 慢性疼痛 関連因子:慢性の身体的障害 診断指標:疼痛部位をかばおうとする行動の観察、言葉による疼痛の訴え 看護目標 長期:痛みが緩和し心身共に安定した生活を維持できる 短期:1)痛みの原因やコントロール方法を理解できる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました