多発性硬化症(視神経脊髄炎含む)患者の看護

看護計画

多発性硬化症(視神経脊髄炎を含む)患者の看護計画

#1視力障害、運動障害、感覚障害のため転倒や外傷の危険性がある 看護診断 身体損傷リスク状態 危険因子:視力障害、運動障害、感覚障害 看護目標 長期:日常生活において転倒による外傷や骨折を起こさない 短期:1)危険に対する留意点について述べることができる 2)必要に応じてナースコールなどにより他者の手助けを得ることができる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました