多剤耐性菌感染症患者の看護

看護計画

多剤耐性菌感染症患者の看護計画

#1敗血症や敗血症性ショックを招くおそれがある 看護診断 ショックリスク状態 危険因子:敗血症、感染症、全身性炎症反応症候群 看護目標 長期:敗血症や敗血症性ショックを起こさない 短期:敗血症の症状がみられない OP
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました