変動する症状

夫の闘病

夫の闘病・症状の変動がありすぎ

症状の変動がありすぎ 昨日の夕方、入院中の夫から自宅に電話が入った。夫の声は、か細く弱々しく今にも消えてなくなりそうな感じだった。次の土曜日の外出許可が出なかったことを知らせてきたのだ。 内心無理もないと思った。夫は気分にムラがあり精神症状が安定していないのだ。もう少し病状が安定してからでなければ、一緒に外出する私も不安だ。 ところが今日面会に行くと、多動が少し治まっていた。椅子に腰かけてテレビを20分くらい見ることが出来たというのだ。次第に良くなっていると言い、機嫌も良いし笑顔もある。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました