嚥下障害

看護診断

裂孔ヘルニア看護診断・嚥下障害

看護診断:食道逆流に関連した嚥下障害 看護目標:嚥下能力を高め、誤嚥を防ぐ
看護の仕事

摂食嚥下障害患者の嚥下しやすい姿勢とは?

安全で嚥下しやすいのはどのような姿勢?→どの程度の支障をきたしているかによって嚥下しやすい姿勢は異なる 頸部を伸展させない姿勢の調整は、誤嚥防止のポイントの1つとして重要である。 嚥下そのものの障害だけでなく、安静度や離床の進み具合、座位が可能かベッド上かというADLの自立度も関係する。 食べやすくまた嚥下しやすい安全な姿勢を選択する。 嚥下障害がある場合は、食べるというプロセスのどの部分にどの程度の支障をきたしているか(食事の取り込み、送り込み、嚥下反射の程度、姿勢の保持、上肢の麻痺など)によって嚥下しやすい姿勢は異なる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました