創処置

看護の仕事

創傷治療過程と消毒について

創傷はどのような治療過程をたどるのですか?また消毒の必要性は?→創傷治癒過程を考慮して消毒薬を用いる 創傷は手術創のような急性創傷と褥瘡や下肢潰瘍のような慢性創傷があり、治癒形態が異なる。 またそれぞれ創汚染の状態も異なる。増殖期に消毒薬を使用することは細胞活性に影響を与えると考えられている。 創傷治癒過程を理解する ①創傷の治癒形態 一次治癒:感染がない外科手術創などは、受傷直後に縫合して治癒させる 二次治癒:組織の欠損が大きく創を縫合することが出来ない場合や感染が予測される場合は開放創のまま瘢痕治癒させる 三次治癒:感染颯は一定期間、開放創として処置し創が清浄化したのちに縫合し治癒させる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました