パーキンソン病

看護診断

パーキンソン病の看護診断・損傷の潜在的状態

看護診断:前方突進と後方突進、筋硬直、無動、頻回の転倒、起立性低血圧などに関連した損傷の潜在的状態 看護目標:患者の安全を確保し、外傷性の身体損傷を防ぎ、患者が歩行できるよう援助する
健康情報

パーキンソン病とアルツハイマー病、どちらの治療を優先するの?

持病があっても認知症の薬を服用できるのか、専門医に聞いてみました Q:パーキンソン病患者ですがアルツハイマーとも診断されました。認知症の薬を飲むとパーキンソン病が悪化するというのは本当ですか?
生活習慣病

パーキンソン病の症状と早期発見、リハビリで悪化予防

パーキンソン病最新情報・パーキンソン病の症状と早期発見 パーキンソン病は早期に発見して適切な治療を受けることが大切です。症状の特徴を知って変化を見逃さないようにしましょう
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました