コミュニケーション

看護診断

パーキンソン病の看護診断・言語的コミュニケーション

看護診断:発音がうまくできない、顔の筋肉を動かせない、書くことができないなどの問題に関連した言語的コミュニケーション 看護目標:コミュニケーションの障害を検知し、患者が欲求と必要性を効果的に伝達できるよう援助する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました