オピオイド

看護の仕事

がん性疼痛管理・オピオイドの選択方法は?

数多くあるオピオイドの中で、どのように選択すればよいですか?→患者の状態に合わせWHO方式がん性疼痛治療法に沿って選択する。 患者が抱えているがん性疼痛の部位・程度・性質と画像所見からアセスメントし、オピオイドが有効か判断する。 そしてオピオイドの特性を理解した上で、WHO方式がん性疼痛治療法に沿って、患者の状態に合わせてオピオイドを選択していく。 がん性疼痛の分類 オピオイド両方を的確に行うためには、がん性疼痛に対するオピオイドの反応性を正確に評価することが需要になる。 疼痛の機序によりオピオイドの有効性も異なり一般的には神経障害性疼痛には有効性は低いと考えられる。 したがって神経障害性疼痛には鎮痛補助薬の併用が必要となる場合がある。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました