ウイルス肝炎患者の看護

看護計画

ウイルス肝炎患者の看護計画

#1知識不足により効果的に治療を受け肝線維化の進展を予防する行動がとれない 看護診断 非効果的自己健康管理 関連因子:知識不足、意思決定葛藤、ソーシャルサポートの不足 診断指標:治療計画を毎日の生活に組み込むことができない、危険因子を減少させうる行動をとることができない 看護目標 長期:継続中の治療に対してセルフケアを行うことができる 短期:1)自分の病状や治療内容、今後の治療について説明できる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました