てんかん

看護計画

てんかん患者の看護計画

#1発作による全身・脳への悪影響、発作の反復による脳ニューロンの微細構造の変化・消失など二次的脳損傷の惹起に関連して、日常活動が低下する恐れがある 看護診断 活動耐性低下リスク状態 危険因子:体力を減退させるような状態 看護目標 長期:必要な日常活動を行うための発作による生理的エネルギー低下の危険がない 短期:発作後に休養がとれ、低下した生理的エネルギーを回復できる OP ・発作誘因:怠薬、睡眠不足、風、発熱などの体調不良、精神的ストレス、便秘、大量飲水、光刺激の有無
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました