くも膜下出血

看護計画

脳出血・くも膜下出血患者の看護計画

#1見当識障害や知覚障害、視野欠損、運動障害により身体の危険を認知する能力が低下している 看護診断 身体外傷リスク状態 危険因子:感覚機能の障害、筋力低下 看護目標 長期:現在の身体状況を理解し、身体外傷を起こさないような行動がとれる 短期:1)麻痺などの身体の状況を把握できる 2)外傷予防の対策が理解できる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました