うつ病

看護診断

うつ病の看護診断・健康維持の変調

看護診断:うつ状態に関連した健康維持の変調 看護目標:セルフケアと日常生活動作の行動に対して患者が責任を持つことを援助し、鬱病の種々の治療について患者と介護者に指導する
看護計画

うつ病患者の看護計画

#1解決できない悲嘆を体験し、喪失による症状が長期化している 看護診断 悲嘆複雑化 関連因子:重要他者の死、情動の不安定さ 診断指標:抑うつ、悲嘆回避、持続する情動的苦痛 看護目標 長期:専門家の援助を求める意思を表現する 短期:1)喪失を認めることができる 2)悲嘆が未解決であることを認めることができる
夫の闘病

うつ病と腸内環境の関係

うつ病と腸内環境の関係 うつ病の人は一般に、腸内環境が良くない人が多く、ビフイズス菌の数も少ないのだそうだ。規則正しい食生活を送ることで、腸内環境を良くするとうつ病が改善されるというのだ。 うつ病と腸内環境の関連性については最近注目されていて、海外でもその研究結果が発表されているという。 強度のうつ病を克服した人の、その克服法がテレビで紹介されていたが、まさに食習慣が病気の良し悪しを左右していたのだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました