失語症の看護診断・社会的相互作用の障害

失語症の看護診断・社会的相互作用の障害

スポンサーリンク

看護診断:コミュニケーションの障害に関連した社会的相互作用の障害

看護目標

グループ会話への参加を勧めコミュニケーションを増す

徴候と症状

会話への参加を好まない。社会的行事を避ける。家族や友達からの孤立

看護介入

① 可能な時はいつでも患者を会話に加える。そして患者の家族や友人に同様にするよう指導する

② 患者にとって親しみのある適切な会話の主題を選ぶ

③ ラジオ、テレビ、オーデイオ、ビデオなどをうまく使って患者を刺激する

理論的根拠

① 患者がたとえ「はい」「いいえ」しか言えない、ジェスチャーしかできないとしても、会話にそれなりに参加できる

② もし話の主題が患者の興味のあるものなら、喜んで参加するだろう

③ 会話を聞くことが患者にとって有益であろう。しかし過剰な刺激を避ける

患者目標

他の患者やグループと社会的に関係し始めることができる

 

 

参考資料:看護診断に基づく高齢者看護ケアプラン

タイトルとURLをコピーしました