尿失禁の看護診断・社会的孤立

尿失禁の看護診断・社会的孤立

スポンサーリンク

看護診断:尿失禁についての困惑に関連した社会的孤立

看護目標

尿失禁についての困惑のため、家族、友人、社会的行事からの患者の孤立を防ぐ

徴候と症状

家を離れる恐怖を言葉で表現する、社会的活動に対する興味の消失、自発的孤立、抑うつ

看護介入

① 患者に普段の社会的活動について質問する

② 膀胱再訓練、補助具、失禁パットのような尿失禁を処理する適切な方法を患者に指導する

③ 患者が尿失禁についてどう考えているのか、尿失禁が社会的にどのような影響を患者に及ぼしているかなどを表現するよう指導する

④ 「尿失禁者のための援助」などの尿失禁支援グループを患者に紹介する

 

 

理論的根拠

① そのような質問は患者の孤立の程度を知らせるのに役立つ

② 失禁を処理する方法を学ぶことは、患者に進歩しようという希望を与える。それは患者に孤立していないと感じさせるのに役立つ

③ 尿失禁は社会的に喜ばれる会話の内容ではないので、患者は自分の状態と社会的状況についてどう考えているのかを、説明する機会を持てることを歓迎するかもしれない

④ 尿失禁支援グループは治療法の選択を明らかにし正常か異常かの排尿パターンについての一般的情報を与え、社交の場を提供するなどに役立つ

患者目標

・ 孤立を感じることが少なくなり、尿失禁を治療し、調節する方法に気付くようになる

・ 自尊心と威厳の向上を示すようになる

 

 

参考資料:看護診断に基づく高齢者看護ケアプラン

タイトルとURLをコピーしました