心筋梗塞を防ぐには?

心筋梗塞を防ぐには?

スポンサーリンク

心筋梗塞を防ぐには、カテーテル化バイパス手術か

カテーテル治療やバイパス手術は狭心症が悪化した時などに行われます

生活習慣の改善や薬による治療を適切に続けていても冠動脈の狭窄が進んでしまった狭心症や、心筋梗塞を起こしやすい状態の狭心症では、カテーテル治療やバイパス手術が検討されます

カテーテル治療では狭くなった血管をステントで広げる

局所麻酔で行われるため体への負担が少なく、治療時間は1~2時間ほど。入院期間は3~5日程度で、早期の社会復帰が可能

 

カテーテル治療はカテーテルと呼ばれる細い管を使って、冠動脈の狭くなった部分を内側から広げる治療法です

カテーテルの先端についたバルーンには、ステントという網目状の筒が装着されています。このステントを冠動脈の狭窄部まで送り込み、バルーンを膨らませステントを広げて留置します

 

これまではステントを入れた部分の冠動脈が再び狭くなってしまうことがたびたびありました。体にとって金属は遺物なので、ステントの内側で異常な細胞が増殖してくるのです

これを防ぐため最近では表面に細胞増殖を防ぐ薬を練った薬剤溶出性ステントを用いた治療が主流になっています

 

このステントの使用によって再狭窄が起こることはほとんどなくなりました。一方で薬剤溶出性ステントでは、金属が血管の中でむき出しになった状態が長く続くためステントに血栓が付きやすくなります

そのため血栓を予防する薬を2種類、長期にわたって服用し続けることが必要になります

 

バイパス手術では、狭くなった血管に新しく血管を付け足す

全身麻酔で行われ、手術時間は5時間ほど。数週間の入院が必要。切開したところが完全につくまで退院後2~3か月かかる

 

バイパス手術では、冠動脈が狭窄している部分を迂回して、その先に血液が流れるよう血液の新しい通り道を作る治療法です

新しく血管を付け足して多くの血管で心臓を守り血流を改善させます

バイパスに用いられるのは患者さんの足や胃の周囲、手首や胸郭にある健康な血管で、とっても体に大きな影響がない血管を使います

 

なかでも現在、主に使われているのは、胸郭にある内胸動脈です

カテーテル治療に比べるとバイパス手術は体への負担が大きい治療です。しかしバイパスは通常、一度の手術で何か所もの冠動脈の狭窄を治療することができます

また治療効果が確実で、特に内胸動脈をバイパスに使用した場合には10年近くバイパスが長持ちすることが分かっています

・治療の選択

カテーテル治療とバイパスのどちらを選択するかは、狭窄部位、狭窄の数、年齢、持病を考慮して総合的に判断します

なお速やかに血流を再開させないと、生命に危険が及ぶときにはカテーテル治療を行います

・治療の注意

治療が終わっても、狭心症の再発を防ぎ心筋梗塞を予防するために、動脈硬化を改善したり決血栓を予防したりする薬を継続して服用していくことが重要です

症状がないからと言って自己判断で薬を中止すると再び欠陥が競作しやすくなります

また併せて生活習慣の改善を常に心がけていくことがとても大切です

 

 

参考資料:「きょうの健康」

タイトルとURLをコピーしました