疾病の理解・心不全と虚血性心疾患

疾病の理解・心不全と虚血性心疾患

スポンサーリンク

疾病の理解・心不全

定義

心不全とは心臓のポンプ機能の障害のために、臓器の代謝に保ような血液を供給できなくなり臨床的に何らかの症状を有する状態である

分類

① 急性心不全と慢性心不全

・ 急性心不全:心臓に器質的および、あるいは機能的異常が生じて急速に心ポンプ機能の代償機転が破綻し、心室充満圧の上昇や主要臓器への還流不全をきたし、それに基づく症状や徴候が急速に出現した状態をいう

・ 慢性心不全:慢性の心筋障害のより心臓のポンプ機能が低下し、末梢主要臓器の酸素需要量に見合うだけの血液量を絶対的にまた相対的に拍出できない状態であり、肺または体静脈系にうっ血をきたし、生活機能に障害を生じた病態をいう

② 左心不全と右心不全

・ 左心不全:肺静脈圧の上昇や心拍出量が低下する。肺うっ血を原因とした呼吸困難感が起こる。重症になると、肺胞で換気が働かず呼吸困難になり酸素分圧低下をきたす

・ 右心不全:静脈圧が上昇して浮腫、肝腫大などをきたす。低心拍出量により全身倦怠感、食欲不振、四肢冷感、夜間尿、乏尿などがおこる

③ 収縮機能不全と拡張機能不全

・ 収縮機能不全:心臓の収縮能の低下による心不全

・ 拡張機能不全:特に高齢者、高血圧性心疾患、心房細胞などによる頻脈などでは拡張障害による心不全をきたしやすい

原因

高齢者は心不全をきたしやすい。原因疾患には心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患、高血圧、弁膜症、心筋症、先天性心疾患、不整脈などがある

感染、過労、貧血、血圧コントロール不良などは心不全の誘発・憎悪因子になる

診断

自覚症状、理学所見、胸部レントゲン、心電図、心臓超音波、血液所見などで比較的容易に診断可能である

症状・臨床所見

・ 左心不全:労作時~安静時呼吸困難、起坐呼吸、喘鳴等

・ 右心不全:頸静脈怒張、うっ血肝、胸水、四肢浮腫など。左心不全は放置したり治療に難渋すると、いずれは両心不全になる




治療

① 一般的管理

・ 食事:慢性心不全に対しては食事療法が基本になる。軽症心不全では1日7グラム以下の塩分制限や水分制限を要する

・ 安静と運動:浮腫を有する非代謝性心不全、慢性心不全急性憎悪時には運動は禁忌であり、活動制限と安静が必要である

適度な運動は運動耐用能を増して症状を改善して生活の質向上をもたらす。禁煙は必須である

② 薬物治療:強心剤、利尿剤、血管拡張剤、神経体液因子に対する拮抗薬、抗アルドステロンなどがあり、それぞれの病期、病態によって使い分けられる

③ 特殊治療:酸素投与、ペースメーカー、手術療法がある

ケア上のポイント

・ 高齢者では心不全の典型的な症状に乏しい場合が多い。日常生活の中で元気がない、食事量が少なくなったなどの症状が初発の場合も少なくない

・ 薬剤は、低血圧、電解質異常をきたすものもある。利尿剤は頻尿、尿意切迫感を起こしやすく、不穏状態の原因になり得る

・ 基本的には減塩食であるため、食欲低下をきたしやすい。すべての食べ物を薄味にしないで濃淡をつける工夫も必要である

・ 下剤を適切に使用し排便調整をする

 

 

疾病の理解・虚血性心疾患

定義

心筋に栄養を送る冠動脈が動脈硬化などによる狭窄によって血液を十分に供給することができなくなると、心筋は酸素欠乏に陥り虚血症状を呈する

一過性の心筋虚血である狭心症と、心筋壊死に至る心筋梗塞に大別される

狭心症は発症様式から、労作性狭心症と安静狭心症に分けられる

症状の安定性から、安定狭心症と不安定狭心症に分けられる

臨床症状

・ 労作性狭心症:ある一定の労作強度で前胸部圧迫感・絞扼感が出現するが、左上腕から左肩、歯痛なども併発する。ニトログリセリンの舌下錠で症状は軽快する

・ 安静狭心症:安静時に起こる狭心症であり、冠動脈の一過性の過剰収縮が原因である。けいれんは深夜から早朝に起こることが多く、寒冷、喫煙、過労、精神的ストレスなどが誘因である

・ 不安定狭心症:心筋梗塞や突然死に至る可能性のある狭心症である。具体的には最近2か月以内に初めての労作性狭心症が起き、しかも重症であること、または今までの労作性狭心症が明らかに重症化している場合などである。直ちに入院治療を要する

・ 心筋梗塞:症状は狭心症と同様であるが、より激烈で持続時間が長く、30分以上のことが多い。ただし、高齢者や糖尿病を合併している場合は症状が乏しく発見が遅れる場合があるので注意が必要である

検査

心電図、冠動脈造影検査等

治療

① 薬物療法:ニトログリセリン製剤、β遮断薬、カルシウム拮抗薬など

② 侵襲的治療

・ 経皮的冠動脈形成術:カテーテルを用いた治療手技であり、冠動脈凶作部位に対してバルーンによる拡張、ステント留置などが行われる

・ 冠動脈バイパス術:多枝病変や左冠動脈主幹部病変などが適応になる。大動脈と冠動脈狭窄部遠位部を血管移植でつなぎ、血行を再建する手術である




ケア上のポイント

高齢者は典型的な共通を訴えることは少なく、胸部不快感や悪心などの非典型的な症状を呈することが多い。糖尿病を合併ししている場合は、無痛性心筋梗塞を呈しやすく、虚血性心疾患の診断が難しいことがある

高齢者では貧血、発熱、脱水などが虚血性心疾患の誘因になりえるので、普段から予防が大切である

一般的生活指導は

① 誘因となる活動を避ける

② 過食を避け標準体重を維持する

③ 禁煙徹底する

④ 便通を調整する

 

参考資料:高齢者ケアガイドブック

タイトルとURLをコピーしました